タグアーカイブ | ワンデイワークショップ

平成25年度 ワンデイワークショップ

※本ワークショップは終了しています。

平成 25 年 6 月 吉日

関係各位
NPO法人 愛知カウンセリング協会

理事長  吉野 要

平成25年度 ワンデイワークショップのご案内

NPO法人愛知カウンセリング協会では、様々な視点から心理療法を学ぶ研修会として、昨年度は、ワンデイワークショップを開催しました。参加者の皆様からは、臨床の現場での実践につながる貴重な学びの機会になったという声や、ワンデイワークショップの形式だと参加しやすいし、これからもこうした研修会を開いてほしいという声も聞いております。

そこで、今年度もワンデイワークショップを3回実施することにいたしました。新しい講師の先生もお招きし、さらに実践の場で生かすことができるような研修会にしたいと思っております。興味とご関心をお持ちの皆様が、多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

日程 <ワンデイワークショップ 1>

  • 平成25年10月 6日(日) 10:00~16:30
  • 会 場 ウィルあいち(県女性総合センター=市役所東)セミナールーム
  • 講 師 九州大学名誉教授     村山 正治 先生
  • 「事例提供者を元気にする新しい事例検討法-PCAGIP(ピカジップ)-の体験」
    • (午前の部) 講演 「今なぜPCAGIPか」
    • (午後の部) 事例を取り上げて を体験

    ※ 午前の部は10:00~12:30、午後の部は14:00~16:30に実施します。

PCAGIP法とは?
村山先生が、エンカウンターグループの体験をヒントにして自ら考案された、PCAグループとインシデントプロセスを組み合わせた新しい事例研究の方法です。簡単な事例提出資料から、提供者が傷つかない安全な場で、ファシリテーターと参加者が協力して、参加者の力を最大限に引き出し、参加者の知恵と経験から、事例の新しい取り組みの方向や具体策のヒントを見出していくプロセスを学ぶグループ体験です。

<ワンデイワークショップ 2>

  • 平成25年12月 1日(日) 10:00~16:30
  • 会 場 ウインクあいち(県産業労働センター=名駅)1006
  • 講 師 法政大学教授       末武 康弘 先生
    「カウンセリングの中では何が起きているのか?」 ― 最近の研究や調査から ―

末武先生のコメントより(抜粋)
カウンセリングの中では、どんなことが生起しているでしょうか。近年、様々な実証的研究や、クライエントの人たちへの調査などを通して、カウンセリングの独自な効果やプロセスが明らかにされてきています。ミック・クーパーの本や米国の雑誌のレポート等を通して、カウンセリングとはどのような援助であり、クライエントにどのようなことをもたらすことができるのかを明らかにし、議論したいと思います。

<ワンデイワークショップ 3>

  • 平成26年 1月26日(日) 10:00~16:30
  • 会 場  ウイルあいち 視聴覚ルーム
  • 講 師  日本福祉大学准教授    堀 美和子 先生
         岐阜聖徳学園大学准教授  吉橋 由香 先生
  • 「発達障碍児の親と子への支援を考える」 ― グループ・プログラムを通して ―

さまざまな場面で発達障碍児本人やその家族へのグループアプローチが行われています。しかし、そのグループで行う内容については、メンバーのニーズや課題、年齢、目的などに応じて異なるものになるはずです。そこで、今回はいくつかのグループ実践の実際を紹介しながらグループアプローチのあり方を皆さんとともに検討していく機会にしたいと考えています。また、実際に子どもグループへのミニプログラムを考えることを通して発達障碍児への理解を深めることを予定しています。

会費 全てのワークショップに参加(3回分)         15,000円
個別のワークショップに参加(1回につき)        6,000円
定員 それぞれのワークショップごとに              先着50名
申込み ※本ワークショップは終了いたしました。

↑ページのトップへ戻る↑

広告

平成25年度の活動

  1. カウンセリングワークショップ  愛知カウンセリング研修会
    日程 平成25年8月10日(土)13:30~13日(火)15:00  3泊4日
    会場 愛知健康の森  プラザホテル
    世話人 愛知カウンセリング協会役員及び正会員

    ワーク参加者へのアンケート集計結果が、こちらから見られます。

  2. 一般市民のためのメンタルヘルスの支援及びカウンセラー養成に役立つ研修講座
    1. <ワンデイワークショップ 1>
      日程 平成25年10月 6日(日) 10:00~16:30
      会場 ウィルあいち(県女性総合センター=市役所東) セミナールーム6
      講師 九州大学名誉教授     村山 正治 先生
      テーマ 「事例提供者を元気にする新しい事例検討法-PCAGIP(ピカジップ)-の体験」
    2. <ワンデイワークショップ 2>
      日程 平成25年12月 1日(日) 10:00~16:30
      会場 ウインクあいち(県産業労働センター=名駅)1006
      講師 法政大学教授       末武 康弘 先生
      テーマ 「カウンセリングの中では何が起きているのか?」― 最近の研究や調査から ―
    3. <ワンデイワークショップ 3>
      日程 平成26年 1月26日(日) 10:00~16:30
      会場 ウィルあいち(県女性総合センター)視聴覚ルーム
      講師 日本福祉大学准教授    堀 美和子 先生
      日本福祉大学       田倉さやか 先生
      テーマ 「発達障碍児の親と子への支援を考える」― グループ・プログラムを通して ―

    実施要項は、こちらから見られます。

↑ページのトップへ戻る↑

平成24年度の活動

  1. カウンセリングワークショップ  愛知カウンセリング研修会
    日程 平成24年8月16日(木)13:30~19日(日)15:00  3泊4日
    会場 愛知健康の森  プラザホテル
    世話人 愛知カウンセリング協会役員及び正会員
  2. 一般市民のためのメンタルヘルスの支援及びカウンセラー養成に役立つ研修講座
    1. <ワンデイワークショップ 1>
      日程 平成24年 7月 1日(日) 10:00~16:00
      会場 ウィルあいち 視聴覚ルーム
      テーマ 「無意識への精神分析的アプローチ」  ― 見立てと治療 ―
      講師 (午前の部)愛知淑徳大学教授  古 井   景 先生
      (午前の部)愛知淑徳大学教授  古 井   景 先生
    2. <ワンデイワークショップ 2>
      日程 平成24年10月14日(日) 10:00~16:00
      会場 ウィルあいち セミナールーム6
      テーマ 「無意識へのユング的アプローチ」   ― 事例を通して ―
      講師 (午前の部)元金城学院大学教授 吉 野   要 理事長
      (午後の部)人間環境大学教授  渡 辺 雄 三 先生
    3. <ワンデイワークショップ 3>
      日程 平成25年 1月27日(日) 10:00~16:00
      会場 ウィルあいち 会議室5
      テーマ 「発達障碍児・者へのアプローチ」  ― 見立てと支援 ―
      講師 (午前の部)日本福祉大学准教授       堀 美和子 先生
      (午後の部)あいち小児医療保健総合センター  並木 典子 先生

↑ページのトップへ戻る↑