美由貴さまのご逝去をお悼み申し上げます

NPO法人愛知カウンセリング協会

理事長  吉野  要

当協会の発足より長年にわたり理事をお勤めいただいておりました水野美由貴理事が、去る平成28年11月19日、ご逝去されました。

同年6月頃に病気が発覚し療養のため、当協会例年の夏のワークご参加を辞退されました。例年ワークには事務局の重要なスタッフとしてご尽力いただき、参加者からも信頼をされておられましたので、残念というお声も多くいただきました。

そのわずか半年後突然ともいえるご逝去で、私たちも大きな衝撃を受けております。長年当協会の活動を主として支えていただいた父親高橋幸夫先生の落胆はいかがかばかりかとご推察いたします。先生からの気丈な訃報案内によれば美由貴さん本人のご意志による家族葬ということで、故人を知る多くの方々も会葬参加をご遠慮させていただきました。

思い返せば、美由貴さんは父親からのカウンセリングの御薫陶を受け、はっきりとしたスタートは大学の卒業論文からだと思われます。小学校教員として歩みの基盤にはカウンセリングマインドがしっかりと根付き、それが彼女の柔らかな資質と相まって、多くの児童に慕われてきました。しばしば発表された学会の実践報告では、確かな成長の足跡をたどることができました。美由貴さんからは「子供たちといるのが楽しい」とか「私幸せ」という言葉がしばしば聞かれ、いかにもそれを深く味わっておられるようでした。

また父親への尊敬の念からか、父が参加する研修会にはいつも付き添い、かいがいしく娘としての気配を感じさせるだけでなく、自らも積極的に研修を深められました。その一端として、海部地方で教員を対象としたカウンセリング研究会を長年中心となって主催されてきました。

登山にも興味を持ち息子さんと熊野古道を数日かけて歩いたり、母親と一緒に念願の富士山にも登頂されました。海外のアルプスにもトレッキングに足を伸ばしたりもしました。時間があるときはダンスにも興味を示され、定年後は熱心に汗を流されていたようです。

このようにアクティブな美由貴さんが病魔にとりつかれるというのは全く心外であり、運命の理不尽さを強く感じざるを得ません。まだまだやりたいことがいっぱいあったろうにと、残念で仕方がありません。しかし、美由貴さんの人生を振り返ってみると、案外充実したものではなかったかとも思われます。一方で、今ある私たちの生を振り返る大きな機会を、美由貴さんから与えていただいたような気もしております。私たちは美由貴さんからいただいたものに応えるべく、一層の研鑽に励みたいと思います。

当協会への数々のご尽力を感謝申し上げると共に、心からご冥福をお祈りいたします。

広告